病的エロス ビルド

東北地方で久しぶりにソープ遊びをした時の体験談をご紹介。

風俗で遊ぶならやっぱりソープ

僕は旅行が趣味で色々な場所に出掛けているが、旅先での一番の楽しみはなんといっても風俗遊び。今回は東北地方へ出掛けることにした。最近はデリヘルで遊ぶことがほとんどだったので、東北ではソープを楽しもうかなと一人ワクワクしながら考えていた。予約していたホテルに荷物を置き、友人と一緒に夜の街に飲み行き楽しみにしていたソープランドへ。ネットでお店の場所を確認しながら辺りを散策し何とか発見。店のシステムを聞いてみると60分で2万円程。受付を済ませて待合室に通されると中には先客が1人だけ。まずは先客が写真を見て女の子を選び次に僕の番だ。全員顔を手で隠していたので、とりあえずすぐ案内できる子をお願いする事に。

5分ほど待合室で待っているとボーイに呼ばれ部屋まで案内された。そして待ちに待った女の子と対面してみると中々の美形。26歳と言っていたがもうちょい上かな?という印象だった。スタイルは写真で見るより細身で美乳な感じ。初めての店でこのレベルの女の子が当たるなんてラッキーだ。とりあえず挨拶をして世間話をしながら服を脱ぎ浴室に入った。姫も一緒に脱いだが予想通りの細身体型。僕好みの体だ。まずは軽くシャワーを浴びて湯船に入る。その間に姫はイソジンや歯磨きをしてプレイの準備。一緒に入りたかったがちょっと残念。湯船から上がるとマットが敷かれていてローションプレイ。慣れているようでしっかりとサービスしてもらった。程よく勃起してきたのでベッドには移動せずに、そのままマットの上で合体。騎乗位で姫に腰を振ってもらうとあっさりイカされてしまった。久しぶりのソープを1回で終わらせるのは勿体ないと思い小休止の後に2回戦突入。プレイ時間ギリギリまでソープを堪能した。

今までデリヘル中心で遊んできたが、やっぱり風俗はソープだなと実感した一日だった。今後はソープを中心に全国制覇するのが僕の目標だ。