病的エロス ビルド

身体の相性がバッチリ合うオキニの風俗嬢との体験談。

オキニの風俗嬢は現役ナース

私は地元にある風俗店を月に2回くらいのペースで利用しています。いつもは指名なんてしないで初めて会う女の子と一期一会を楽しむスタイルなのですが、最近は思わず指名しちゃうほどハマっている女の子がいます。彼女と初めて会ったのは半年くらい前のことでした。風俗歴が長くなってくると女の子の良し悪しは出会った瞬間に分かりますよね。ドアを開けた瞬間、愛想が良い女の子は大抵サービスが良い女の子ばかりです。私がハマっている女の子も会った瞬間にニコッと笑顔で挨拶してくれたので、この女の子は当たりだと確信しました。もちろん顔も私好みで年は25歳、細身体型で可憐な女の子です。最初出会った時はプレイすることを忘れて話し込んでしまいました。

20分ほど話込んだ後、彼女はシャワーを進めてきて2人で一緒にお風呂に入りました。「普段は別の仕事をしていて中々出勤できないけど、出勤した時はいっぱいHなことがしたいな。」と男にとっては嬉しい言葉。丁寧に体を洗ってもらい、いよいよ楽しみにしていたプレイ開始。抱き寄せて恋人のようにキスをすると、彼女もそれに応えて積極的に舌を絡ませてきます。そして彼女を横にしてじっくりと体を堪能します。ほどよい大きさの胸と薄い陰毛に隠れた性器を同時に攻めて、一番気持ち良いポイントを探ります。特にクリトリスが敏感らしく、そこを中心に攻めてあげると声にならない声をあげてわずか数分でイッてしまいました。ぐったりしながらも「こんなに気持ち良くなったの初めてかも…」たとえ営業トークでもテンションが上がります。そしてイかせてくれたお礼と言って私のペニスにゴムを装着すると騎乗位の体勢でゆっくりと挿入。ぐっしょりと濡れた彼女の性器の感触を堪能しながら、色んな角度から彼女を突き続けました。締まりの良い膣内の感触に限界を迎え2人同時に果てました。プレイ後は感謝の気持ちを伝えてピロートーク。もっと話し込んでみると彼女は現役のナースという事を教えてくれました。どうやら私と相性が良く気に入ってくれたようです。

彼女と出会ってから半年以上経ちますが、未だに飽きることは無く指名し続けています。これほど相性が合う女性とは中々巡り会えないので、在籍しているうちは指名を続けたいと思います。